フィリピンのクリスマス事情 デコレーション編


7aa0f81c730324449ffdf66f53ea85a3フィリピンでは、クリスマスシーズン到来 と言えば、9月なんです!!なので4ヶ月間。

そのため「世界一クリスマスが長い国」と言われているんですよ。

街はクリスマスツリーやイルミネーションで彩られます。中でも、フィリピンには欠かせないデコレーションがあるんです。

それが、「パロル」という星型のランタン。スペイン語で「ランタン」を意味するFarolが名前の由来といわれています。紙や竹で作られており、中には、和紙を使用する人もいるそうです。最近では、光を通す「カピス」という貝殻が材料に使われています。まるでステンドグラスのような美しさなんですよ。

なぜ星形かというと キリスト生誕の際、彼の場所に光を照らした星を象徴しているそうです。

中にはキャンドルやココナッツオイルのランプがつけられています。
フィリピンには12月16日から25日まで9日間続けて、深夜、早朝 と日のない時間に教会に行く習慣があり、パロルはその際に、道を照らすランタンとして使われていたそうです。

フィリピンの伝統的なクリスマス飾り「パロル」。クリスマスのシンボルともいえますね。

lantan3-sm

メイン通り、ホテル、モールなど色々な場所で見ることができます。

セブ留学に12月以前に来ても、セブのクリスマスを楽しめますよ!!