大人にとってのフィリピン留学 ~フィリピンの子供達から学ぶこと~


留学中にフィリピンの子供達はもちろんのこと、韓国、中国、台湾などの子供達を見かけることは、少なくありません。
私は子供が好きなので、よく気付くのかもしれませんが、子供達から学ぶことは多いなぁと思います。

みなさん、フィリピンの子供達がどれだけ勉強しているかご存知ですか?
アメリカの教育の影響を強く受けているからか、大学付属の小学校に通っている子供は、小さなスーツケースのような鞄を使っています。教科書が多すぎて重くて背負えないからです。
親が代わりに小さなスーツケースを転がしている姿も時々見かけます。
お金持ちの子供だけかと思ったら、ボロボロのジプニー(フィリピンのバス)に乗って通学している親子もよく見かけるので、フィリピンの親が子供にかける教育費は日本以上だろうなぁ…と想像しています。

大学を卒業するまで、かなりの教育費を費やすので、就職した暁には、親に収入の30%程度を毎月返済します。
親は絶対的な存在である為、日本とは親子関係がだいぶ違います。
弟や妹がいる場合には、彼らの分の学費も支援します。お兄ちゃんやお姉ちゃんは相当大変だと聞きます。
都会で一人暮らししながら家族に仕送りをする彼らは、苦労しながら頑張っています。
どんなに苦しいときも、みんなと笑いあって生きています。子供達も、親の期待を一身に背負いながらも、みんな元気に走り回っています。
貧しくても、彼らの笑顔は明るいです。

この国でもっとも貧しいのは、ストリートチルドレンだと思いますが、彼らからも学ぶことは多いです。
すごく賢いと思ったのが、コンビニの看板の後ろで眠る二人の男の子達です。
何故か?それは、彼らが誰にもお願いすることも奪うこともせず、寝ている間に毎日の食事を手に入れているからです。
ストリートチルドレンにお金をあげることは禁止されていますが、食べ物はあげてもいいことになっています。
道端で車にひかれないように片寄せあって眠る彼らの姿は、なんとかしてあげたいと思わせます。そして、目の前にはコンビニが!思わず買ってあげたくなるのでしょう。お供え物の様に、彼らの頭の近くに豆乳やらクッキー等が置いてあります。
それなりの量が集まるのか、ビニール袋いっぱいの食べ物を抱えて寝ています。
彼らは、他のストリートチルドレンの様に荒んだ眼はしておらず、自信があり、健やかな印象さえ与えます。近所の人にも話しかけ、言葉もそれなりにわかる様で、笑顔も見せます。
その姿は、まるで道端のお地蔵様の様です。
それなりに満足している様に見えますが、より快適な生活ができるように願っています。
(余談ですが、最近彼らは引っ越ししたらしく、寝場所が変わったようです。ときどき元気な姿を見かけます。)

ストリートチルドレンとは対照的に、お金持ちのお嬢様も独自の文化をお持ちです。
ショッピングモールに行って、一番驚いたのが、このお嬢様たちの存在です。
『なんだかすごいドレスを着ている子がいるな~』と思ったら、あっちにもこっちにもいました。何かパーティーでもあったのだろうか?と思いました。
このお嬢様達を想像していただくには、結婚式でベールの裾を持つためにドレスアップした女の子をイメージしていただくのが、一番近いかと思います。
そのドレスが、ちょっとした外出着の様です。大きな髪飾りも忘れずに。
ご両親が溺愛しているのか、周りに合わせているのか、このまま大人になったら何を着るのかな~と思いました。その辺の水溜りがあるような道は歩けないので、車にしか乗らないだろうし、将来は海外に住むことが前提なのだろうか等々、いろいろと考えさせられました。

この子達が、20年後のフィリピンをリードしていくので、どんな国になっているのだろうかといろいろと想像しています。
ただ、一つ言えることは、彼らの幼少の頃からの英語力の高さと当たり前の様に世界中に親戚がいるネットワーク力は、アジア最強だということです。
国際結婚も海外移住も、本当に多いですから。
そして、フィリピンの平均年齢はなんと24歳!若い!
その上、外国人慣れしていて、積極的に私に英語で話しかけてくる子もいます。彼らはシャイですが、少し顔見知りになると、一生懸命おしゃべりしてきます。
親、兄弟、友人みんなが英語を話せるので、英語を話すことに抵抗がありません。
そんな彼らと競争する日本の子供たちは大変だろうと思います。
競争ではなく、共存していってほしいです。

大人がフィリピン留学する際には、英語だけでなく、フィリピンという国についても見てみてください。いろんなヒントを見つけられると思います。
英語だけではなく、これからのアジアを感じられるのもセブの魅力です。

201510043

これよりも更に華やかなドレスでした。ショッピングモールの子供服売り場にて。

201510044

セブの街並み。町の食堂と日用雑貨のお店。右端に移っているのがジプニー。

セブの街並み。道幅は、車2台分。

ちはる