ビーガン料理専門レストラン


今回はビーガン料理専門レストランを紹介します。

そもそも“ビーガン”とは英語で“VEGAN”といい、日本語では完全純粋菜食主義者を意味します。ベジタリアンと異なる点は、ビーガンは乳製品さえも摂取しないというところです。

参考までに、ビーガンの友人から聞いたところによると、ビーガンの人々の価値観は、元々動物愛護の精神から発生していますが、同時に食の安全性も関係しているようです。食物連鎖の頂点に君臨する人間は、大量のホルモン剤が投与された家畜の飼料や、人体に悪影響を及ぼす化学物質が含まれた農薬を意図せず間接的に摂取し続けています。また家畜が屠殺される際に、恐怖により大量の発がん性物質が分泌されているとの研究結果も出ているようです。

場所はセブ市庁舎を北へ行ったところにあるグアダルーペ地区で、閑静な住宅街にひっそりと佇む隠れ家的なお店です。健康を第一に考えて料理を提供しているそうで、食材はすべてオーガニックを使用し、砂糖もココナッツシュガーを使用する徹底ぶりです。

写真は今回頂いた日替わりセットのプレートです。その名のとおり毎日メニューが変わります。この日はイエローライス、野菜炒め、アボカドサラダ、クランチー豆腐、べジミートとレモングラスジュースで175ペソでした。ちなみにベジミートとは、小麦粉からスターチを取り出して残ったグルテン(プロテイン成分)から出来ているそうです。食感は肉とかまぼこの中間といったところでしょうか。言われなければポークの特殊な部位なのかなと思ってしまいそうな完成度でした。

20151015
        
食の安全が叫ばれる昨今、気軽にこういった料理に挑戦できるのもセブ留学の魅力ですね。

興味のある方は、以下のアドレスよりお店のフェイスブックページをご覧ください。
https://www.facebook.com/laveggiedeli
注意点:
1 お店の席数が極端に少ないので(室内席:2テーブル、ガーデン席:2テーブル)事前に予約されることをお勧めします。
2 住宅地の一階をレストランにしているので分かりにくい。事前に行きかたをお店の人に確認することをお勧めします。

ひろ